【出産レポ】初めての出産①

妊娠・出産レポ

ご訪問いただき、ありがとうございます♪

今回は、自分と家族の記録として、また、初産・自然分娩・立ち会い出産を控えている方の参考になればと思い、娘の出産の記録を振り返りながら残しておこうと思います。 
長文になりますが、もしご興味あればご一読ください^^◎

8月11日(日)(38w3d)10時00分
おりものに、茶色い血が混じる。
おしるしかな?と思ったが、この時はまだ痛み等はなかったので、
そのまま様子を見ながら過ごす。(早く陣痛こないかな〜ワクワク)

8月13日(火)(38w5d)

6時30分
起きたら、なんとなく腰が重い感じ。生理痛のような感覚。(ついに!きた!?)
まだ、全然痛みはひどくなく、陣痛ってこんな感じ?と余裕ぶっこき。笑
もうすぐ赤ちゃんに会える!と、心を躍らせながら、アプリで間隔を測る。

一応この時点で、10分間隔だったため、産院に連絡してみる。
「準備ができたら一応来てみて〜」とのことで、私も夫も入院する気満々で家を出る。

 9時00分
ドキドキしながら、先生の診察。
内診するも「子宮口1㎝(指一本分)程度、赤ちゃんもまだ降りてきてないね〜」
私も夫も、入院する気満々だったため、拍子抜け。笑

先生に「陣痛促進剤でお産を進めることもできるけど、どうする?」と聞かれ、
このまま帰りたくなかった私は、このまま入院、陣痛促進剤を打つことを決める。
(←この後、めちゃくちゃ後悔するぞ。)

10時00分
入院。
産院は個室だったため、夫と2人っきり。
「いよいよだね!今日産まれるかな〜♪」と楽しく会話。(まだ呑気に動画撮影してる)
人生初のお産、入院服を着て、テンションが上がる私。
(突っ込んでやりたい。ここから痛みとの激闘が始まるから、覚悟しておけと。笑)


10時15分
陣痛促進剤を打つ。まず、血管が細かったらしく、うまく点滴が入ってくれず。(泣)
4箇所に針を刺される。そして最終的には・・・

後から来た助産師さんも驚くほどレアな一番太い針を刺された。(ぐあぁ)
もともと注射が大の苦手な私にとっては、もうすでに拷問。

10時30分
あっという間に、注射の痛みなんかどこへやら。
促進剤が効き始め、すぐに腰に鈍痛が。
もう、ここからひたすら唸り続けてた気がする。(必死すぎてほとんど記憶ない)
私は、お腹がぎゅーっとなるタイプではなく、
全ての痛みが腰にくるタイプだったみたい。とにかく、ずっと痛い。

この痛み、色々な表現を見てきたけど
私的には、腰をでーーーっかいハンマーで何回も殴られているような鈍痛!!!
あっという間に、喋ることができなくなる。ベッドの上でうずくまって動けない。

モニターを装着してもらう。
陣痛の強さが数字と波形で出るんだけど、
MAX99のところ、まだ20くらいだったらしい。笑
(後日、夫から聞かされ、衝撃を受けた話のひとつ)

12時00分
昼食が運ばれてくる。
絶対無理。一口も食べられず。食べ物の匂いも不快に感じるレベル。
(←ここから固形物は一口も食べられなかった。促進剤打ったらすぐ、持ってきてた食べ物たちを食べておくべきだった!食べれるうちに食べる!これ鉄則。)

夫に食べてもらう。

17時00分
夕飯が運ばれてくる。
案の定、一口も食べられず。夫に食べてもらう。
この日の夕食は、産院でのお祝い御膳だっだらしく、うな重だったらしい。

これが産後も含めて、私が入院中の食事で一番豪華だった・・・。(悔しすぎ)

そして、陣痛室へ移動。


22時30分
朝から何も食べず、ずっと大騒ぎしていたおかげで、体力が底をつき始める。
眠気もあり、陣痛の波の間に意識が遠のく感じで眠ってた。
いつの間にか寝て、そして、また痛みで起きる。
(結局 最後から最後まで陣痛感覚を測ることはなかった 笑)

何度か先生が内診してくれて、子宮口の開き具合を確認。
なかなか開かないため、「少し柔らかくしとくね〜」とグリグリ。(ぎゃぁあああ)
激痛。ほんっとうに、嫌だったーーー!!(先生ごめんなさい)

23時00分
赤ちゃんもそんなに降りてきてないとのことで、夜中の促進剤は少なめになる。
おかげで、痛みの波はあるものの、痛みと痛みの間は気絶するように寝てた。
夫、病室の床で就寝。(本当にありがとう)

次の日へ続く・・・。

コメント

  1. […] ご訪問いただき、ありがとうございます♪初めての出産①の続編です。今日は、いよいよ・・・娘、産まれます! […]

タイトルとURLをコピーしました